保育園と幼稚園の違い

保育園と幼稚園、保育士の資格を持っていれば、どちらの仕事もできると思っていませんか?

保育園と幼稚園では、働くために必要となる資格が違うのです。

スポンサードリンク

必要な資格

保育園で働くために必要な資格は、このサイトのテーマでもある、保育士の資格です。幼稚園で働くための資格は、幼稚園教諭2種免許か、1種免許が必要になります。

管轄も違い、保育園は厚生労働省が管轄している児童福祉施設で、幼稚園は文部科学省が管轄している学校教育施設になります。ですから幼稚園では『先生』と呼ばれます。

年齢や時間

幼稚園バッグ

園によって異なりますが、保育園のほとんどが0歳から小学校就学前までの子供を受け入れています。一方幼稚園は、満3歳から小学校就学前となっていて、長くても3年保育となっています。

保育時間にも違いがあり、保育園の場合は原則として8時間以上、幼稚園の場合は標準4時間以上となっています。 入園における条件もあり、両親共に仕事をしていたり、病気などで子供の保育ができないという状態が認められて初めて保育園に入園ができます。

s幼稚園の場合は特に条件はありませんが、面接などを実施して、適正を判断している幼稚園もあります。

内容の違い

つくしとモグラ

保育園と幼稚園では、保育内容に違いがあります。

保育園では、生活面を指導するのが基本的な指導になり、保育士1人につき、0歳児は3名、1〜2歳児で6名、3歳児20名、4〜5歳児は30名となります。やはり、ある程度聞き分けができるようになるにしたがい、人数も増えていきます。

幼稚園では、主に学習面を中心に指導します。教諭1人につき、1学級35人以下の人数を受け持ちます。

保育料も、保育園の場合は家庭の収入に応じて、各市町村が金額を決定しますが、幼稚園の場合は、公立の場合は市町村が、私立の場合は幼稚園ごとに金額が決められます。保育園の場合は収入が多いと、必然的に保育料も高額になります。

保育士を目指せる学校・学部・学科・コースを調べて資料を一括請求できます! 保育士への第一歩をここから始めましょう!