仕事の探し方

保育士の資格を取得したら、どうやって仕事を探せばいいのでしょうか。

資格があるからと言って、すぐに保育士として働けるわけではありません。保育士としての登録をしなければ、働くことができないのです。登録せずに保育士を名乗った場合には罰せられてしまいます。

スポンサードリンク

保育士登録

保育士として働くには、『保育士証』の交付を受けなければいけません。各都道府県知事に対して、保育士の登録申請手続きをし、保育士証を交付してもらうことで、初めて保育士として働くことができるのです。

資格を取得しただけでは、保育士として働けないということです。

申請書

申請方法は、区役所・市役所・出張所などのこども・家庭福祉課、登録事務処理センターにある、『保育士登録の手引き』を入手します。

手引きの中に、登録申請書が入っていますので、必要事項を記入します。手引きに同封されている封筒に、登録申請書と保育士資格証明書を入れて、簡易書留で登録事務処理センターに郵送します。婚姻などで、資格書の氏名と現在の氏名が異なっている場合は、戸籍抄本も必要になります。

申請には料金がかかります。郵便局の振込み用紙も同封されていますので、4,200円の代金を振り込んでください。

一度登録をすると、氏名が変わらない限り、住所が変更になっても届け出る必要はありません。本籍地の都道府県が変更になった場合は届出が必要になります。

どうやって探す?

仕事を探すといえばハローワークや求人情報誌などが中心になるかと思いますが、保育士、幼稚園教諭専門の求人サイトもあります。また、福祉人材センターなどでも説明会を行って、新規採用を行っていますので、試験日などをチェックしておきましょう。

公営の採用試験情報を入手するには、自治体のホームページをチェックする必要があります。ホームページを見ると、これまでの募集内容や過去の試験傾向を知ることができますので貴重です。

サイト内検索をする場合、保育士で見つけられない場合は、福祉関係の区分を探してみましょう。

保育士を目指せる学校・学部・学科・コースを調べて資料を一括請求できます! 保育士への第一歩をここから始めましょう!