資格取得への費用

保育士の資格を取得するまでに、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか。資格を取得する方法によって、かかる費用も違ってきます。

自分にあった取得方法をみつけるためには、積極的に資料請求を行ったり、学校見学をしてみましょう。手間はかかりますが、2〜3ヶ所くらい、見比べることをオススメします。

スポンサードリンク

4年制大学

学校

4年制大学で保育士の資格を取得する場合、入学金を除き、初年度には100万円ほどの費用がかかります。卒業までの総額で見ると、300万円前後になります。期間も4年かかりますので、保育士として働くにも早くても4年かかるということです。

かかる費用も高額になりますが、卒業と同時に保育士の資格を取得できるというメリットもあります。

学費が高額になるというデメリットはありますが、保育士資格試験が免除されますし、幼稚園で使える、幼稚園教諭2種免許、小学校教諭1種免許も取得でき、学校を通して実習ができます。

保育分野だけではなく、他の分野のことも学ぶことができますし、公立保育園への就職率が高いという特徴もあります。

短期大学

短期大学で保育士の資格を取得するときも、卒業と同時に資格取得ができます。

期間は2年で、かかる費用は入学金を除き、100万円前後になります。

授業

やはりメリットは、4年生大学同様、卒業と同時に保育士資格を取得でき、試験が免除されることでしょう。

ただし、期間が2年と短いために、学習内容はかなり過密になっています。

専門学校

保育専門学校でも、卒業と同時に保育士の資格を取得することができます。

期間は短期大学同様に2年で、費用は入学金などを除いて80〜100万円前後となっています。

専門学校のみでは、幼稚園教諭2種免許は取得できませんし、中には単位をとるだけでは保育士の資格を取得できないところもあります。

メリットとしては、短期大学と違って専門的な分野で学ぶことが出来ますので、同じ2年でも、それほど内容が過密ではないことも多いです。

通信制専門学校・短大

専門学校や短期大学では、通信制学科を設けている学校もあります。

期間は2年で費用も40万円前後と比較的安く、通信制のために、仕事を持っている人でも保育士の資格取得を目指すことが出来ます。

通信教育

通信教育は、完全に自分のペースで学ぶことが出来ます。やる気次第で数ヶ月から2年程度で保育士資格が取得できます。

費用も5万円から30万円までと幅がありますが、仕事との両立もできますし、学び始めてから就職するまでの期間が短いという特徴もあります。

保育士を目指せる学校・学部・学科・コースを調べて資料を一括請求できます! 保育士への第一歩をここから始めましょう!